院長のブログ

右腕が上がらない

先週の木曜日、高校1年の野球部のY君が来院。来院の1週間前からだんだんと右肩の痛みが強くなり、当日の練習で腕が上がらなくなりギブアップの状態です。前からの挙上も横からの挙上も肩の高さまでくるとロックされてこれ以上は上がりません。立位での姿勢は右肩が下がり後方に捻じれた状態になっていて、Y君に心当たりの原因を尋ねてもよくわからないという返答なので、詳しい練習内容を聞き出した所、この冬場は、中学の頃にはやっていなかった腕立て伏せ、バーベルを使ってウエイトトレーニングを一生懸命行ったとの事。

Y君の左手は痛い肩ではなく右の胸を無意識に押さえています。Y君「今度の大阪遠征で試合に出たいのですが」私「1週間は無理かな」と話しながら、直感で右前腕部と右の胸を施術します。締める所は締めて、緩める所は緩めてあげるとロックした肩が緩んで普通に挙上できます。痛みは残りますが初回で3割楽になり、翌日2回目の施術で5割改善。そして大阪遠征から帰ってきて今日3回目の施術です。大阪では代打で2試合に出場してきたそうです。今日の施術で7割の改善。まだ痛みは残っていてしっかりとは投げられませんが、来週には大丈夫でしょう。

 


「ここは、きれいですね」

毎週月曜の午前中は、できるだけ予約を入れないで治療院の掃除の時間に当てています。日曜日は、セミナーの参加と暇があれば家の中にいるのが嫌いなので遊びに出かけますので、自然と月曜の午前に掃除をするようになりました。10時頃から12時頃まで休憩をはさんで2時間は徹底して掃除をします。最初に掃除機で治療室と待合室と2階に行く階段とトイレをきれいにして、手洗い器と便器の掃除を終えたら玄関周りを掃いて、土間と玄関ドアを拭いて一服します。次に待合室のガラス戸と窓を拭いて、本棚、受付のカウンターを拭いて、机、ベット、機器、窓のさん等、細かい所を掃除して最後に流し台をきれいにして終了です。

当院は築12年目で、外壁は手入れしていませんので少し汚れていますが、中はそれなりにきれいにしていますので、年に10回ほど患者さんから「ここはきれいですね」「いつ来てもきれいですね」と言われるのが、私にとっては最高に嬉しいです。

 


昼寝

お昼寝をしていますか。お勤めの方は難しいかと思いますが、主婦の方、自営の方、家にいる方は昼寝はできますが、当院の患者さんに「昼寝をしていますか」と尋ねると、9割の方が「していません」と答えます。特に主婦の方は忙しく動き回っていてできない方が多いみたいです。

私の場合は、12時半頃に食事をして45分にNHKの連続ドラマ「カーネーション」を見てからすぐ横になります。仰向けになって爪もみ療法をやっている最中に、口をポカンと開けて眠りに入っています。1時30分前後に目を覚ました時には幸せな気分になっていて、気持ちよく午後の仕事に臨めます。腰も、お腹も調子が良くなりますよ。


今夜、稲穂ソフトボールクラブの総会に参加します

昨年の11月、15年間お世話になった地元の稲生チームを退会して、第5学区の稲穂チームに入会しました。稲生チームではピッチャーとしてそれなりの成績をあげて活躍していたのですが、5年前にウインドミル投法に切り替えてからが大変でした。球のスピードが速くなって重くてストライクが入れば打たれないのですが、試合になるとストライクが入りません。チームとしては使いづらいですから投げる機会が減ってきてしまい、私としては、逆に投げたいという気持ちが強くなり、私の我が儘でチームを離れる事になりました。そして稲穂チームが受け入れてくれました。これから先どうなるのかわかりませんが、ウインドミル投法に理解のあるチームなので頑張れる気がします。


仙台市博物館で国宝 紅白梅図屏風を観る

一月前から患者さんのお二人から、仙台で尾形光琳の国宝の紅白梅図の絵が見られるから、ぜひ行ってみて下さいと言われていて、15(木)の午後、なにげなく仙台市博物館のホームページを見てみました。案内の中に赤文字で「会期中は無休で開館します」の無休を無料と見間違えてしまい、無料だったら行ってみるのも悪くないなと思い、仙台行きを決めてしまいました。翌日、又ホームページを見たら無料ではなく観覧料400円の確認ができたのですが、気持ちはすでに国宝、紅白梅図屏風に飛んでいます。

今朝の8時に自宅を出発して10時に仙台市博物館に到着。本物の紅白梅図屏風は、どっしりとした貫禄がありました。目の保養になりました。帰りは東北自動車道の菅生パーキングエリアに寄っておみやげを買って、田麦荘で大盛りの蕎麦を食べてきました。


新しいビーチサンダルを購入

ビーチサンダルを履くようになったのは、福井の勉強会で足の指の重要性を教えていただいてからです。一昨年の12月から仕事中はもちろん、天気の良い日は外に出かけるのもビーチサンダルを履いています。ビーチサンダルの良い所は、足の指をしっかりと使える事で体のバランスが良くなり脚の筋力がアップする為、結果として体温も上がって冬の寒さも楽に過ごす事ができます。患者さんにもビーチサンダルを勧めています。

私が履いているビーチサンダルは、プーマの製品で履き心地が良くてしっかりとした作りになっているのですが、この1年3ヶ月、起きてから寝るまで一日中酷使してきた為に足の指のつけ根の部分と踵の部分が凹んできましたので、千足屋さんに行って新しいビーチサンダルを購入してきました。定価が1995円でセールで1580円でした。試しに履いてみて下さい。きっといい事がありますよ。


今日、確定申告を済ませました

以前は税理士の先生にお願いしていたのですが、3年前から収入が激減してしまい昨年から自分で申告する事にしました。収入の減少の要因は不景気の影響と同業の方が増えて患者さんが離れていったのもありますが、施術料金を下げた事がかなり響きました。昨年、料金体制を見直してその分売り上げはアップしましたが、それでも良かった時の5割の収入です。何とか当院を維持できているのは妻の協力と鶴岡商工会議所の支援で融資をいただいた事と商工会議所主催の経営革新塾という勉強会で経営学を学んだ事が大変役にたちました。心から感謝しております。

今年の当院は経営の面でも治療の面でも大きく変化していきますので、飛躍の年になるような予感がします。


雪の壁

昨日は、昼の12時に北月山荘(月の沢温泉)を目指し自宅を出発。日がさして車の中は暖かく道には雪はなく最高のドライブ日和でした。羽黒山スキー場あたりから北月山荘までは2メートルから4メートルの雪の壁になっていて、壁と壁の中をスイスイと走る事ができてとても気持ちが良かったです。

12時45分に北月山荘に到着。誰もいない浴室に入り温泉に肩まで浸かりながら目の前の雪を見て、山々を見て、青い空を見て、のんびりと流れる雲を見ながら、ああ、これが極楽なのかなと思いながら余韻にひたっていたら、突然、管理人さんが入ってきて、すみません、今日は女湯の源泉の浴槽が故障していまして、女性客が多いものですからここが女湯になっているんですよ。隣の浴室にお願いしますと言われて、慌てて濡れた体をバスタオル1枚で隣の男湯に退散する事に。帰る時にホウレン草を4束購入し帰路に着きます。

2時46分の黙とうには間に合いませんでしたが、2時48分に帰宅して、黙とう。


明日、北月山荘(月の沢温泉)に行ってきま~す

いつもは冬場でも月に1回は行っていたのですが、今年の冬はタイミングが合わず、今回はじめての北月山荘行きですごく嬉しいです。今から17年前、北月山荘の春の企画でワラビを採って、温泉に入って、ラーメンを食べて1000円だったと記憶しています。その時が初めてで11年前は接骨院の時の患者さん達と2階の大広間で忘年会もやりました。ちょくちょく通うようになったのは3年前からで、羽黒山の石段を上り下りして温泉に入って湧水を汲んでくるコースを組んでからは年に15回位通っています。この17年間でトータル100回以上は北月山荘に行っていると思います。

私は、のんびりと入浴するのが好きなので、いつも人の少ない昼の時間帯を狙って行っています。足湯を基本に体が冷えてきたらズボッと入って、また足湯の繰り返しで40分位は入っています。最初に出てくる汗はドロッとした汗で体の中の毒素が出てくるような感じで、浴槽から出る頃はサラッとした汗になっています。入浴の途中お水を補給して、帰り際にお水を飲んで、湧水を汲んだ時に又一杯飲んで、体の中はきれいな水でいっぱいです。


家の階段を駆け上がる

自宅は1階が治療室で2階が住まいになっていて、日に15回以上は上り下りしています。3月に入り無性に体を動かしたくなり、ふと、階段を駆け上がってみようと思い立ちタッタッタッと14段を一気に駆け上がってみたらなんだか気持ちが良くて、それからは毎日毎回、階段を駆け上がっています。体の中でやる気が湧き出てきます。

このブログを見ている方に忠告ですが、スリッパを履いては危険なのでマネはしないで下さいね。素足、靴下を履いても危険です。私の場合はビーチサンダルを履いて駆け上がってますから安全で動きがスムーズです。去年は、ビーチサンダルを履いて羽黒山の石段にも登ってみました。私の足元を見ていた方がびっくりしていましたね。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて15年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。