院長のブログ

この冬は雪玉で遊んでいました

4月に入って、鶴岡の桜も一気に咲き始めました。

正月に転倒して右膝を痛めてしまい、冬場の練習場である酒田ソフトクラブのビニールハウスには一度も顔を出しませんでした。自己調整で膝の痛みが楽になってからは小真木原運動公園には散歩に行っていました。雪玉を作っては木の幹をめがけて投げていました。ふと、これは練習に使えるんじゃないかと思い、それからは一本の木を選んで15mの距離から投げる練習を始めました。

普通に投げると力が入り過ぎて雪玉が空中分解してしまい、力を抜いて投げると空中分解はしませんが木の幹までは届いてくれません。そこで、力を入れないで腕の回転スピードを上げる事を意識するようにしたら、幹までは届くようになりました。それでもコントロールが悪くてなかなか幹には当たってくれません。(10球投げて1球当たる感じ)そこで、リリースポイントを前の方でするようにしたら3球投げて1球は当たるようになりました。

今年の冬は雪玉のお陰で、右腕に力が入り過ぎていた事、腕の回転スピードが遅かった事、今までのリリースポイントが早すぎていた事を教えてもらいました。

 

 

 

 

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。