院長のブログ

電磁波

我が家のスノーダンプです。

昨秋、ソフトボールのドロップの投げすぎで右肘内側部を痛めてしまいました。(投げては痛くありません)冬になってスノーダンプを使うようになって悪化するのを心配していたんですが、逆にだんだんと楽になってきているので助かりました。

1週間前、50代男性のSさん(土木施工管理者)が4回目の来院。主訴は20代から頚の痛み、30代から左肩の痛み、40代から左脚の痺れが出るようになって、勉強熱心な方で医療、整体の本を200冊は読んだといいます。

4回目の時に、ゴホン、ゴホンと咳をするので様子を聞きますと、Sさん「最近、PCの仕事を一日中やっていて、電磁波の影響を受けて胸が苦しいんです。これからは他の人に任せてPC業務は半分にしようと思っています。隣の職員に電話がくるのも鳴る前にわかるんですよ」と言います。

Sさんの心臓部に触れると特に問題はなくて、左の肺の上葉部に熱感があるのを確認できましたので、調べてみるとウィルス、菌には反応なしで、電磁波に反応したので調整を施しました。これで、肺の熱感は消失してくれました。左背部の熱感もあったので、Sさんには左胸と左背部の冷却を指導しました。

 


『ゆがみ~る』を撮りました

昨年の11月に20代女性のIさん(休職中)が来院。主訴は自律神経症状(吐き気、動悸、気分の落ち込み)と強迫性障害(確認を繰り返す)があって、今週が3回目の来院になります。施術後に『ゆがみ~る』を撮って、自分の中では症状が落ち着いたのと歪みの方もかなり改善していたので80点はいくだろうと期待していたんですが、予想に反してCランクの52点という採点になってしまいました。

立位での両膝の軽度屈曲時に、右膝が内側に寄り過ぎていたのが大きな減点になってしまった感じがあります。撮影前に、右足首の歪みが気になってたので、野球ボールを使用しての自己調整を教えたので、これをやる事によって、右膝の歪みが改善して採点のアップとIさんの諸々の症状も改善してくれるのを大いに期待しています。

それにしても、『ゆがみ~る』はしっかりと見てくれるので凄いです。


冬期の練習場です

2022年もよろしくお願いします。

昨日のスポニチ新聞に面白い記事が載っていました。巨人のドラフト3位の赤星投手が鼻水が出る体質で、寮の部屋では使用後のティッシュペーパーをゴミ箱を狙って投げることで、長所でもある制球力をさらに磨いているんだという内容でした。

写真は小真木原運動公園内の木を撮りました。距離にして20メートルくらいです。ここで、3日前から雪玉を作って木に向かって投げています。太い幹に10発当たったら終わりと決めて、3日前は50球かかって、2日前は21球で、昨日は23球で、今日は20球で終わりました。

冬期練習は酒田ソフトクラブのビニールハウスで投げる事が出来るんですが、去年の正月に散歩中に転んで右膝を痛めてしまい、冬期の練習会には参加しませんでした。(マウンドの土が柔らかくて、すぐに荒れてしまうので膝に悪いと判断して)

退屈しのぎに公園で雪玉を投げて遊んでいたんですが、ふと、これは練習に使えるなと感じて、それからは真剣に取り組み始めました。不思議なんですけれども、ちゃんとしたフォームでないと木に命中してくれないんです。雪玉のお陰で制球力がついてぐーんと成長できたので、今年の冬も公園で投げ続けます。

 

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて18年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。