院長のブログ

市民総体は雨で中止

日曜の朝の6時からの市民総体の決勝戦は雨で中止になり、第4学区と第6学区の両チームの優勝という形で終了しました。せっかくの投げるチャンスを失ってモヤモヤした気持ちが残ってしまいましたが、その日は宮城県の山元町まで足を運んで、東北シニアソフトボール親善交流試合(16チーム参加)の決勝戦を観てきました。地元の山元クラブと秋田県の本荘クラブの対戦で、結果の方はバントと足技を使った攻撃で山元クラブの大勝でした。18番をつけたエースは低目にコントロールされたストレートにチェンジアップを織り交ぜての余裕のピッチングでした。以前は宮城野萩友クラブが強かったのですが、今は山元クラブの時代になっていますね。

道中、仙台市の森の駅という直売所に寄って、とうもろこし「嶽きみ」を5本買ってきました。

 


市民総体(ソフトボール)決勝戦

19チームによるトーナメント戦は決勝戦を残すのみとなり、今度の日曜日、自分が所属している第4学区と第6学区との決戦になります。第4学区には2人のエースがいて、自分は3番手の位置で今回のトーナメント戦では投げる機会がなくて、少々、寂しいですが、勝負の世界ですから致し方ありません。市民総体で投げたければ実力をつけてエースの座を奪うしか道はないのです。

ところが、今回、自分が決勝戦の舞台で投げる事になったのです。Wエースが宮城県での大会に参加する為に決勝戦には出られず、3番手の自分に出番が回ってきたのです。(監督はWエースの不在を知って肩を落としていました)

第6学区チームは鶴岡でNO、1の投手を擁し、打撃もNO、1なので、自分が投げては端から勝負になりませんが、何も失うものはないし、当って砕けろの精神で投げてきます。


夏バテ?

患者さんに、「夏バテになってない?」と言っている自分が夏バテになってしまいました。夏休みに入った11日の昼に、家の階段をあがった時に脚に力が入らなくて息が切れる有様で、あれっ?、これは夏バテになってしまったのかなと思いました。ラッキーだったのは夏休みでゆっくり休養できたのと、畑の雑草(すべらん草)を食べるようになってから翌日には脚に力が入るようになり、3日かかりましたが症状は消失してくれました。

いつもの夏とは違った事がいくつかあって、体重の絞り過ぎ(6ヵ月で11㌔減)と、畑のメンバーの2人が体調不良と仕事の都合で来れなくなり自分一人で頑張ったのと、HPをリニューアルするのに原稿の作成が思うようにいかなくて提出期限を大幅にオーバーしてしまったのがあって、この3つが重なったのかなーと思っています。

それにしても、雑草(すべらん草)のパワーには吃驚しました。畑にはまだまだありますので、暫くご馳走になります。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。