院長のブログ

義母の調整

週末の土曜日に、暫くぶりに来られたSさんから超でっかい白菜を頂きました。

東京に住んでいる義母(80代)に、先週から遠隔調整をしています。妻から「お母さんの体を調整してくれる?、パーキンソン病の診断を受けたみたいなのよ」と言われ、妻の体を借りての遠隔調整を始めました。1、2回目は調整ポイントがはっきりと出てこないのでパワーを上げる調整を施しました。昨日が3回目で、脾臓に機能低下の反応と熱感があったので調整を施しました。これで脾臓の熱感は消失していい感じになってくれました。

昨日の夜、義母の面倒をみている義妹から妻に連絡があって、「車椅子生活のお母さんが自分の力で椅子から立っているのよ」と近況報告を頂きました。遠隔調整の事は内緒なんですが、少しでも良くなってくれればいいですね。


ビニールハウスで投げてきました

先週、サツマイモを収穫して、隣の義母の家で干しています。

昨日、ビニールハウスで練習をするというので行ってみたら、東北公益文科大学のソフトボール部の新キャプテンと新エースの2人が参加していて、(3年生は秋で引退)夏以来の再会となりました。新エースの投球を受けたり、自分の投球を受けてもらったりして楽しく練習させてもらいました。1、2年生で15名は在籍しているというので、来春からのグランドでの合同練習が待ち遠しいです。

週末の土曜日、ギックリ腰で来られた40代女性のSさん、月曜の夕方に来られて、Sさん「温泉に一泊して翌朝には良くなっていました。今朝も調子が良くて、午前中の4時間、生徒(バトミントン)の練習を立ちっぱなしで見ていましたよ」と言います。次回はメンテナンスで3週間後の予定です。心配してたんですが、良かったです。


セルフ調整

今日は酒田に行って、ソフトボールの冬期の練習場となるビニールハウスの中にネットを張る作業を手伝ってきました。

 

1週間前は、今年最後のグランドでの練習中に右脇腹に死球を喰らって、暫くしてから首に痛みがきて寝違いの状態になってしまいました。練習後にセルフ調整をして翌日には痛みは消失してくれました。

昨日の朝、40代女性のSさん(教員)が掃除機をかけている際にギックリ腰になってしまい、その日は午後から一泊旅行に出かける予定が入っていて悪化するのを心配して、昨日、5年ぶりの来院になります。立位分析では頭は右側に傾き、前屈と右回転時に強い痛みがあって頭部と右上腕部に熱感がありました。調整は座位にて左右の上肢と仙腸関節、伏臥位にてお腹と肋椎関節を調整して、これで頭部の傾きは消失してくれました。

調整後、旅館でのすごし方とギックリ腰のセルフ調整を2つ指導して終了しました。明日、来院の予定ですが悪化していなければいいですね。

 


お土産を頂きました

今週、遠隔調整の代理人として70代女性のKさんが10回目の来院。クライアントは娘さんで対人恐怖症と鬱の症状があり、自宅療養中で当院にはまだ来られていません。6回目の来院時に、Kさん「娘は昼夜逆転の生活をしているんです。眠剤を3種類飲んでいても眠れなくて娘も私も悩んでいるんです」と言います。お話を聞いて、先ずは昼夜逆転の生活が改善しなければ症状の改善は難しいなと判断して、Kさんから娘さんに【薬を飲んでも眠れないんだったら服用を止めて、夜は起きててもいいんじゃないの】と説得するようにお願いしました。(あれから何度か衝突はあったみたいですが)

そして、今週来られたKさん「最近は服用しなくても眠れるようになったんですよ。体の方も少し元気になって食事の支度もしてくれるようになったし、この前は畑仕事も一緒にやったんですよ」と嬉しそうに話してくれました。

1週間前に蔵王のペンション村に2人で泊まってきたそうで、お土産(木工品)を頂きました。次回は、お孫さんの遠隔調整をお願いされて、Kさんと娘さんとお孫さんを調整します。

 

 

 


朝から晩まで座っていました

朝はソフトボールの練習会に参加しようと酒田に向かったのですが、途中で強い雨が降ってきたので帰ってきました。晴れ間をみて食用菊を収穫してきました。

今週、喘息と右膝痛のメンテナンスで来られた80代女性のUさん、当院に来る前に友達のOさん(70代)とHさん(90代)の3人でgotoキャンペーンを利用して温泉に4泊してきたそうで、施術中にUさんの口からOさんの話が出て、Uさん「Oさんは1年前に名古屋まで行って腰の手術を受けてきたんですよ。(交通費も含めると200万円かかったそうです)手術後はスタスタと歩けるようになって凄く良くなっていたのが、今は腰が曲がって歩くのもやっとなんですよ。部屋の中ではずっ~と座っていて、腰が疲れるから横になったらと言っても私たちの言うことを聞かずに朝から晩まで座っているんです。起き上がるのもすぐには立つことができなくて、Oさんの体を見て吃驚しました」と話してくれました。

お話を聞いて、手術後も家では座っている時間が長くて、これで手術した所が壊れてしまったんだなと想像できました。当院では、家の中で座っている時間が長い方には横になる時間をたくさんとって下さいと指導しています。それを素直に聞いてくれる方は改善がはやいですし、逆に行動してくれない方は改善が難しいです。

自分の場合は、できるだけ座らないようにしています。書き物、新聞、本を読む、PCの動画を見る時は立ってます。休憩中は座らないで寝ています。1日の中で座っているのは2~4時間くらいだと思います。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。