院長のブログ

ご夫婦で来院

5月中旬に80代男性のTさんが来院。腰痛と両脚に痛みがあって、(脊柱管狭窄症の診断を受けて、医師からは歳だから手術は無理だと言われたそうです)背中が丸くなってお辞儀をしている恰好で姿勢は酷い状態でした。Tさん、当院の施術を気に入ってくれて3回目の時に奥さんを連れて来られて、奥さん(80代)の15年来の膝痛の治療も始まりました。6月に入って5回目の時に奥さん「身体が軽くなって走れそうな気分ですよ」と言います。そして、治療室の中を1往復走ってみせてくれました。(杖で来られた方です)吃驚したのは、これだけではありません。

奥さんが4回目の時に「昨日から今まで出来なかった食事の支度を始めました。10数年間、私は作っていなくて夫が全部作っていたんです」と言います。それを聞いて、Tさんの姿勢がお辞儀の恰好になっているのが理解できました。奥さんが食事の支度を始めてから1週間後、Tさん「腰の痛みが楽になりました。歩くのも楽です」と言います。食事の支度をしなくなったTさんの背中が伸びて真っすぐに立てるようになりました。奥さんを連れて来られたのが幸いしました。


ビクビク、ハラハラの投球でした

一昨日は、おはようソフト(38歳以上の参加)の第2戦目があって、栄ソフトチームと対戦して10対1で勝利することが出来ました。初戦(田川チームに7対9で負けました)よりは緊張しないかなと思っていたら、ビクビク、ハラハラの緊張感の連続で身体が思うように動いてくれなくてぎこちない投球フォームになってしまいましたが、初戦よりはボールに力があったのでしょう。(マウンドが砂地で滑りやすいのに少し慣れたのがあります)長打(2塁打)が1本だけで、あとはシングルヒットだったので最小の1失点で押さえることが出来ました。(四球は2個だったと思います)今年は試合になると緊張感で実力の半分も発揮できていないので、今は場数を踏んでBクラスのマウンドに慣れるのを待つしかありません。次戦は5日(月)にピッチャーごろチームと当り、10日(土)に四季秋チーム、20日(火)に本三チーム(Bクラスでは1番強いチームです)と当ります。本三チームと当る20日(火)までには100%の力を発揮できるように仕上げていきます。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて15年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。