院長のブログ

ライバルチームのTさん

畑のサツマイモです。去年は不作だったので、今年は期待しています。

昨夜、シニアソフトボールのライバルチームのTさんから電話が入り、「伊藤君~、練習するんだったらボールを受けるよー。朝の6時~7時でどう?」と言われて、今朝、投げてきました。Tさんは別チームでも誰であろうとも、頑張っている人がいたら少しでも上手くなってもらいたいという気持ちで、協力を惜しまない方で本当に頭が下がります。

今朝はキッチャーミットがなかったので、カーブ、チェンジアップと緩めの投球で済ませました。これから、週に2回くらい雪が降る頃まで2人で朝練ができればいいですね。


心臓がバクバクする

1週間前に大根の種をまいて芽が出てきました。120本収穫するつもりです。

先週、60代女性のHさん(無職)が再来院。今年の2月に不眠で来られた方で、来院の4日前から心臓がバクバクして息が苦しいのと、お腹も苦しくて眠れないと訴えます。立位分析では頭は中心軸から右側にずれて体幹は左回転していました。最近の生活内容を聞いてみますと、あまり水分をとっていない、飲んでいたプロテインを止めた、頭を冷やしていない、低い椅子に座っている等、前回の来院時に指導した事を最近はやっていない事がわかりました。

ベットで仰臥位、伏臥位になると立位の時よりも体幹の歪みが酷くて、臀部(仙骨)に異様な熱感がありました。これは、常に低い椅子に座っている為に仙骨が歪んで炎症を起こしてしまい、結果、体幹の歪みを作って、心臓、お腹の不調として出てきたんだろうなと推測できました。

調整は経絡の腎経に反応したので調整を施し、これで体幹の左回転と頭の傾きは7割改善してくれました。調整後、Hさん「心臓のバクバク感は楽になりました」と言います。先ずは、低い椅子は禁止にして、仙骨を徹底的に冷却するようにと指導しました。


ピッチングのDVDを拝見

連休の日曜日は酒田シニアソフトボールクラブの練習会に参加。一昨日と昨日は、朝と夕は壁投げをして、昼間はピッチングの師匠のIさんとのピッチング三昧でした。

この1週間、アメリカ代表のミッシェルスミスさんのダイナミック、ピッチングの基礎編と上級編を拝見する機会があって刺激を受けました。

壁投げではシュート⇒スライダー⇒ライズ⇒ドロップ⇒ストレート⇒チェンジアップの順に投げて、これをひたすら繰り返しています。楽しくてしょうがありません。


痛み止めの薬が効かなくて

大先輩のピッチャーのKさんから頂いたグローブです。紐が切れてしまいスポーツゼビオ三川店で修理してもらいました。

20代女性のKさん(教員)、先週の9日(水)が初来院で、自分では運転ができなくて紹介者の車で来られました。症状は半年前から頚に痛みがあって、酷くなったのは5日(土)頃からで、8日(火)の朝から右腕全体の痛みと痺れが出現して、右目が歪んで見えるという事で、その日は整形外科と脳神経外科で検査を受けるも異常なしという結果だったそうです。

右頚部の痛みが強くて、まったく頚を動かす事ができなくて握力も0にちかい状態で、Kさん「ペンも箸も持てません」と言います。立位分析では頭は右側に大きく傾いて、両腕は体側ではなくて痛みで力が入っている為に太腿の前方で止まっています。頸椎ヘルニアと寝違いが同時にきたのかなと疑いましたが、調整の方は悪化させないように無理をせずに『気』を流しただけで終了して、これで頚の前屈、後屈が普通にできるようになりました。最後に頚を矯正する枕の作り方を教えて、前頭部と右側頭部と右肩部の冷却を指導しました。

11日(金)、12日(土)は家族の運転で来院。11日は伏臥位ができるようになったので頸椎1番を調整、仰臥位で右側のお腹を調整して気を流して終了。12日は頸椎1番とお腹を調整して、ストレス(仕事)に反応したので調整して終了。最後に後頭部と頚の付け根の冷却を指導しました。握力の方は3割改善していました。

14日(月)が4回目で、自分の運転で来院。Kさん「第4指と第5指に痺れが残っているだけで良くなっています」と言います。握力は5割改善していました。調整は頸椎1番、頸椎7番を調整して、これで握力が7割まで改善してくれました。最後に頚の体操を指導しました。

そして今日が5回目で、Kさん「腕全体の痛みと痺れと握力は9割良くなって、右目の歪んで見えたのも治りました。今は家で4~5時間仕事をやっていて(休職中)、仕事中は何ともないんですが、朝起きた時が頚の後ろが痛いです」と言います。立位分析では頭は中心軸にピタッとおさまっていました。調整は頸椎1晩と第7チャクラを調整して終了。最後に右肘部の冷却とストレッチを指導しました。来週には職場復帰するそうです。良かったです。

 

 

 


未収録のピッチング動画を追加しました。

白ゴーヤの上でカエルが寝ていました。

ピッチング動画を楽しみに見ている患者さんから、「今回のは短かかったですね。もう少し見たかったですね」と言われて、未収録のピッチングの中から6投球追加しましたので、興味があったら見て下さい。

今年の6月末から3週間かけてコンパクトな投球フォームに変えてみました。これでコントロールが良くなって、昨日から苦手としていたスライダーが決まるようになってきました。

週末の2日間は赤川の河川敷のグランドに、仙台市から明成高校、山形市から山形商業、山形北高、地元の鶴岡東高の4チームが集まっての練習試合をやっていました。福島県からやって来たという中学3年生のピッチャーが鶴岡東高の選手に交じって投げていました。1年後には鶴岡東高の中心選手になっているかもしれません。


遠隔調整

いつものトレーニングコースです。秋らしくなってきました。

先週末の土曜日、70代女性のKさんが2回目の来院。クライアントはKさんの次女で、緊張が強くて人前を嫌がるのと腸がしまるような感じの痛みがあって来院が困難な為に、Kさんが次女の代わりに代理人として来院されて、Kさんの身体をお借りしての遠隔調整を施しています。(代理人とクライアントのお二人を調整しています)

2回目の調整が終わった時にKさん、「1回目に私の身体を治療してもらってから、目がハッキリとして帰りの車の運転が楽でした。その事を次女に話したら『お母さん、良かったじゃないの』と言ってくれたんです」と嬉しそうに話してくれました。Kさんの元気になったエネルギーが次女に伝わり、次女にの優しいエネルギーがKさんに伝わって良い方向に向いてくれています。近いうちに一緒に来院されるといいですね。

 


お客様の声69 更新しました


お客様の声 その69


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。