院長のブログ

待合室に花を飾りました

GEDC0439

奥の方に写っているオレンジの紅花は週末に近くの庄内おばこの里、こまぎで一束300円ちょっとで購入。先が尖って見えるのは竹(食べれます)で昨日、八森山から1本だけ失敬してきました。他は畑の主のKさん宅の庭から頂戴したお花で花瓶から溢れんばかりに賑わっています。

 


膝のポキポキが気になる

GEDC0437

今朝はおはようソフトCクラスCブロックの栄チームと羽黒チームの試合があって2塁塁審を務めてきました。どちらも1勝2敗の成績で負けた方が1勝3敗になるので、稲穂ファイターズ(1勝3敗)と負けたチームとの最下位決定戦の試合を楽しみにしてたのですが、結果は6対6の引き分けになってしまい稲穂ファイターズの最下位が決定、来年はDクラスの降格が決まってしまいました。残念ですがこれが稲穂チームの実力なわけで、腐らずに(今年は何回か腐りかけました)自分の投球術を一歩一歩高めていくしか道はないと思っています。

50代女性のSさん、4月中旬に左膝痛で来られて昨日が6回目の来院。Sさん「膝の痛みはとれたのですが、最近になって膝の所がポキポキ鳴ってこれが気になってしょうがないんです。」と言います。足部、膝部、股部をよーく調べてみると膝蓋骨が内側にずれているのが原因でポキポキ鳴っているのが判り、全身と膝蓋骨回りを丁寧に調整したのですが期待に反してポキポキ鳴っておかしいですの返答でした。私「Sさんの左脚全体の筋肉が落ちてお皿がちょうどいい所におさまっていない状態なので、次回の来院までに足の指の力だけで前に進むトレーニングを毎日やってみましょうよ」と一緒になって指だけで前進するモゾモゾ歩きをやってみたところ、Sさん「歩いた時のポキポキが無くなりました」と言います。足の指のモゾモゾ歩きで膝蓋骨がうまい具合にちょうどいい所におさまってくれたみたいです。

 

 

 

 


うまくいかない

GEDC0435

 

一昨日の日曜の朝は稲穂ソフトチームの朝練に参加。60歳以上の方でチームを作っている稲穂ファミリーのメンバーが珍しく10人ほど来られて、(稲穂ファイターズは今年入会されたTさん一人だけ)久しぶりにバッティングピッチャーとして200球ほど投げてきました。そして午前中は第4学区の町内対抗の試合があって古巣の稲生チームで3試合投げてきました。先発を任せられて意気込んでマウンドに立ち投げてみたら、あれって感じで全然ボールが走ってくれません。朝練の投げすぎがたたってしまい体のキレがなくて重くてフォームもしっかりときまらない状態で、1試合目は青柳チームに11点を取られ敗戦、2試合目は1試合目よりも少しだけ体のキレが戻って小真木原チームとの対戦は5対5の引き分けでジャンケンで勝利、3試合目の3位決定戦は美原チームとの対戦でボールコントロールがまったく利かなくなり2回を投げて交代を告げられ3回からはライトを守りました。点数は忘れましたが引き分けのジャンケンで勝利して稲生チームは3位という結果になりました。午後は北月山荘の温泉に浸かりながら投球の内容を振り返り調子の良くない時の投球法を考えてみました。うまくいかないのも面白いです。

 


おはようソフト第4戦

GEDC0433

昨日のおはようソフトの第4戦目(最終戦)は羽黒チームとの対戦でした。1回裏の羽黒の攻撃で走者は1塁2塁の状況だったと思います。セカンドゴロをセカンドが2塁に送球し、2塁に入ったショートが1塁に送球してゲッツーをとったのを見て吃驚。稲穂チームに入って3年目にして初めてのゲッツーだったのと、練習もしないチームメートにこんな芸当ができるなんて感動でいっぱいになりました。このプレーで気分が乗って5回を投げて3失点に押さえ込んで7対3で勝利することができました。その日は夜中の2時に目が覚めてしまいピッチングのことが気になって眠れそうになかったので、ワールドカップのオランダ対オーストラリアの試合を3時まで観て4時には試合の身支度を済ませ、左腕に青いマジックで強気の文字を書いて試合に臨みました。今までにない強気のピッチングで最高のパフォーマンスを発揮することが出来て自分自身とチームメートに大満足です。

 

 


首が苦しい

GEDC0434

この前は畑の主のKさん宅でホタルブクロを頂いて今度は美味しそうなスグリを治療院に持ってきてくれました。

昨日は4日前から首が苦しくて辛いんですと20代女性のEさんが来院。Eさん「首の痛みはスマホの見過ぎだと思うんです」と言われ、よーく聞いてみるとスマホのゲームにはまっていて一日3時間はやっているとの事で、私「隣の韓国ではスマホの見過ぎで子供たちの首のヘルニアが急増していて問題になっているんですよ。Eさんも気をつけないとヘルニアになるおそれがありますからスマホを見る時間を減らした方がいいですよ」とお話しました。立位分析では骨盤全体が左回転して上体は右側に傾いて首の所で左に傾けてバランスをとっている状態でした。施術後は首全体の緊張がとれていい感じなのですが、次回の予約の1週間後までにスマホを見る時間が半分以下になってれば嬉しいですね。


「頸をポキポキ鳴らしてます」

週末の金曜に40代男性のEさんが来られて、若い頃から肩こりが酷くて最近になって右腰にも痛みが出るようになってこれ以上悪くなったらまずいなと心配しての来院でした。頸と肩に違和感が出ると自分で頸を動かしてポキッと鳴らすと楽になるのでいつもやっているとの事で、Eさん「いつの間にか頸が曲がっていて顔が真っすぐではないんですよ」と言います。立位分析してみると頸から下の方は悪くないのに頸と頭だけが右側に大きく傾いてしまっていました。左右の耳の高低差は2㎝以上あって斜頸なのかなと思ったほどの傾きを示していました。

座位での上肢のチェック、右腕を持って挙上した時に左腕の1、5倍くらいのずっしりとした重さを感じ、肘部と手部に問題があったので調整を施して立位分析では傾きが3割改善してくれました。私「Eさん、頸を鳴らしたくなったら我慢してください。代わりに頸と肩が楽になるセルフ治療を教えますから、頸を鳴らす代わりにこれをやって様子をみてください」と手首を動かしてのセルフ治療を伝授し、立位分析では傾きが5割改善してくれました。そしてうつ伏せで硬膜調整、仰向けで膜の調整を施して7割の改善を得ることができました。次回の来院は20日の金曜日、その日までに頸をポキポキ鳴らしていなければいいのですが。

 


3戦3敗

GEDC0432

今朝はソフトの朝練は休んで、いつもの畑のメンバーとみっちりと畑の手入れをこなしてきました。帰りに畑の主のKさん宅に寄りホタルブクロを頂戴してきました。

昨日のおはようソフトの第3戦、城北Bチームとの対戦は4対8で負けてしまいました。3回裏の城北Bチームの攻撃、2アウト満塁で1番打者にチェンジアップをジャストミートされセンターオーバーのホームランを打たれての敗戦でしたが、ピッチングの方はスピードが速くなってコントロールも良くなり投げていて一皮、二皮剥けた感じがあって楽しくてしょうがありませんでした。キャッチァーのSさんがボールを受け損なうのが10回程あってボールの回転が良くなっているのがわかりました。近いうちに大化けの予感がします。


明日のソフトの試合は楽しみます

今年はCクラスのCブロックに入って、Cブロックだけ1チーム少ない5チームでの戦いになりました。今現在、我が稲穂チームは2戦して2敗で羽黒チームと栄チームと道形チームはそれぞれ2戦して1勝1敗、そして城北Bチームは2戦2勝の状況になっています。明日は全勝の城北Bチームとの試合が組まれています。城北BチームのエースのTさんはサウスポーピッチャーで全盛期の頃は城北Aチームのエースとしてウィンドミル投法の大先輩にあたる方で、明日はTさんと投げ合えるのがすごく楽しみでしょうがありません。

稲穂チームは2敗目を喫して、これでブロック優勝というプレッシャーから開放されたので、(チームメートには優勝したいという気持ちがないのでプレッシャーはありません)明日の試合は勝負よりも自分の投球を楽しみたいと思っています。体の力を抜いてゆっくりと正確に投げる事を頭に入れて、1つ、左手のグローブを引きつけて左大腿部に強くタッチする。2つ、ブラッシングをしっかり行なう。3つ、右脚を左脚の所まで引きつける。この3つを正確にこなして楽しく投げたいと思っています。

 


ピアノがうまく弾けない

GEDC0431

昨日まで咲いていなかったジャガイモの花が今朝咲いていました。昨夜の雨で畑は元気モリモリです。

5月中旬に中学生のKさんが来院。友達に両手を強く握られてから両手のあっちこっちの指が痛くてピアノがうまく弾けなくて困っていますと言われて、指の動きや関節部分を調べても特に問題はなくて、手全体が赤くなっているのが気になったのでアトピーですかと訊きますとあかぎれですと答えてくれました。立位分析ではからだ全体が左回転してて頭は中心軸から左側に大きくずれてました。そして両前腕の外側部に異様な熱があるのがわかり寝てる時に冷却するように指導しました。1週間後の2回目の来院時に手を見て吃驚。赤くなってた手が薄いピンク色になって良くなっています。Kさん「一晩冷やしただけであかぎれが良くなってました」と言います。そして昨日が4回目の来院で左前腕部の熱は消失して左手のあかぎれはOK。右前腕部の熱は7割とれて右手のあかぎれは7、8割改善していました。前腕部の熱があかぎれに影響してたのが驚きでしたが、Tさん「指の動きが軽くなってピアノの先生から上手くなっているよと褒められました」と喜んで話してくれました。


背骨が痛い

GEDC0429

昨日は早朝の5時から9時までIさんと二人で畑作業。畑の主のKさんはお孫さんの運動会の応援でお休み。午後は羽黒山の石段を登ってきました。元旦以来の5ヶ月ぶりの石段登で畑作業の疲れも残ってて体が重くて大変でした。帰りに畑に寄り水遣りをして赤川の砂利道を走って体をいじめ抜いた日曜日でした。

先週の水曜日、ホームページを見て30代男性のTさんが来院。主訴は4月頃から背骨の一箇所が痛くて屈むと痛みが出るとの事で、立位分析では右脚荷重で頭は中心軸から大きく右側にずれ込んでいました。うつ伏せで痛い所を確認してみると腰椎1番の棘突起に圧痛があり、棘突起の動きをみると右の方には動いて左の方には動かない状態でした。そして腰椎全体がゆるやかに右凸しているのが判りました。私「Tさん、右側を下にして横向きになって寝ることが多いですか?」と訊きますと、Tさん「3、4年前からずうーっと右側を下にして寝てます。左側を下にしては寝れません。TVを観てる時も右側を下にして横になってます」と答えてくれました。私「今のままだと痛みが強くなりますから、縮んでいる左側を伸ばしたいのでちょくちょく左側を下にして矯正して下さい。3ヶ月を目処に頑張りましょう」と説明して施術後に歩き方を指導して終了。次回の来院は2週間後、Tさんの体の変化が楽しみです。寝方は仰向け、うつ伏せ、左右の横向きの4通りがあるので、私の場合は寝てる時は4通りの寝方を意識して実践しています。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて15年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。