院長のブログ

四つん這いで草むしり

先週末の土曜日は東北公益文科大学のソフトボール部との合同練習に参加。日曜日は酒田ソフトクラブの壮年チーム(40代)と実年チーム(50代)との合同練習に参加してきました。ピッチングの方は若い人を相手にして全力で投げる事ができるので、調子はどんどんと上がってきています。

日曜の午後は家の草むしりをやりました。段ボール紙に両膝をついて、四つん這いの姿勢での草むしりです。両膝と左手をついて、道具は使わないで右手で草をむしります。右手が疲れたら、今度は右手をついて左手で草をむしります。この動きを交互に繰り返します。10年くらい前からやっていますが、これをやると背骨の矯正にもなり、ソフトボールで疲れた体も、逆に楽になっています。


エネルギーの低下に反応

連休中に畑を起こして、先週から苗を植え始めました。

去年まで定期的に来られていた30代男性のSさん(設備工事)、今回は5か月ぶりの来院で先週の月曜と金曜の2日間調整を施しました。

月曜日、様子を聞きますと、Sさん「前に逆流性食道炎になった時があって、昨日、急に吐き気が起きたので今日の午前中は内科医の所に行ってました。先生からは胃と食道に穴が開いてしまうから酒は禁止ですよと言われました。2週間前から全体的に調子が悪くて、左手に力が入らない、やる気がない、目~額~頭頂部~後頭部~首にかけて苦しい、動悸があります」と言います。立位分析では胸腰部の所で左側屈と左捻転の歪みがあって、頭部は中心軸から左に大きくずれていました。

いつもとは違う歪み方をしていたので仕事の内容を聞きますと、Sさん「2か月前から工場の屋根裏のリフォーム工事をやっていて、狭い所では体を傾けたり捻じったりしてきつい時がありました」と言います。調整は背骨狙いでOKかなと思いましたが、チェックするとエネルギーの低下に反応して、経絡の胃経を調整しました。結果、胸腰部の歪みは消失してくれました。

2回目の金曜日、調子を聞きますと、Sさん「全体的には6割良くなっています。食事の方も普通に食べれるようになりました」と言います。立位分析では8割OKの状態で、調整ポイントをチェックすると、またしてもエネルギーの低下に反応して、第7チャクラを調整しました。次回は1か月後の予定です。


遊んでいますか?

連休中は治療室の模様替えをしてました。

新型コロナウイルスの影響で、鶴岡市おはようソフトは中止になり、シニアクラブの県大会、全国大会も中止になり、仕事の方も患者さんが半分になって落ち込みましたが、救ってくれたのがソフトボールでした。毎日、一人で壁投げをやって、週末は酒田クラブのKさんと2人で投げ合って、最近は東北公益文科大学のソフトボール部のメンバーと練習するようになって、今日も朝の9時から昼の1時までの4時間、40歳も年下の学生さん達とわいわい練習してきました。楽しくて楽しくてしょうがありません。こういう大変な時だからこそ、つくづくソフトボールをやってきて良かったなぁと思っています。

患者さんには、新型コロナウイルスの対策として、天気の良い日は散歩する事、おいしい水を飲む事、タンパク質を多めに取るように指導しています。自分の場合は、昼食に納豆、豆腐、生卵を毎日食べています。


東北公益文科大学のソフトボール部との合同練習

酒田市の(株)金龍さんが作った66%のウォッカです。妻が買ってきてくれて、当院の消毒用に使っています。

昨日は、酒田クラブのKさんと自分と東北公益文科大学ソフトボール部の11名の部員と、朝9時から12時まで某グランドで練習してきました。(市からの許可はとっています)今日は全身筋肉痛です。

この連休中は、治療室の模様替えと、新型コロナウイルスの対策としての新しい施術メニューを企画中で、今週末にはHPに載せる予定でいますので、興味があったら見て下さい。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。