院長のブログ

エネルギーの低下に反応

Pocket

連休中に畑を起こして、先週から苗を植え始めました。

去年まで定期的に来られていた30代男性のSさん(設備工事)、今回は5か月ぶりの来院で先週の月曜と金曜の2日間調整を施しました。

月曜日、様子を聞きますと、Sさん「前に逆流性食道炎になった時があって、昨日、急に吐き気が起きたので今日の午前中は内科医の所に行ってました。先生からは胃と食道に穴が開いてしまうから酒は禁止ですよと言われました。2週間前から全体的に調子が悪くて、左手に力が入らない、やる気がない、目~額~頭頂部~後頭部~首にかけて苦しい、動悸があります」と言います。立位分析では胸腰部の所で左側屈と左捻転の歪みがあって、頭部は中心軸から左に大きくずれていました。

いつもとは違う歪み方をしていたので仕事の内容を聞きますと、Sさん「2か月前から工場の屋根裏のリフォーム工事をやっていて、狭い所では体を傾けたり捻じったりしてきつい時がありました」と言います。調整は背骨狙いでOKかなと思いましたが、チェックするとエネルギーの低下に反応して、経絡の胃経を調整しました。結果、胸腰部の歪みは消失してくれました。

2回目の金曜日、調子を聞きますと、Sさん「全体的には6割良くなっています。食事の方も普通に食べれるようになりました」と言います。立位分析では8割OKの状態で、調整ポイントをチェックすると、またしてもエネルギーの低下に反応して、第7チャクラを調整しました。次回は1か月後の予定です。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。