院長のブログ

悪い事を考えてしまう

20代男性のTさん(製造業)、初回が3月の初めで、今週が2回目になります。物事に取り組む時に、失敗したらどうしようというネガティブな考えが出てしまって、仕事以外でも何かを始めようとすると悪い事を考えてしまうという悩みを持っていました。

2回目の来院時に調子はどうですか?と聞きますと、Tさん「少しいいですよ。4割は改善してると思いますよ」と言います。調整は頭蓋調整、、頸椎1番、トラウマ(0歳児)に反応したので調整しました。初回はトラウマ(18歳と7歳の頃)に反応したので調整しました。

Tさんの一番の悪い所は座り方で、これでお腹が凹んで内蔵が圧迫されているので、これが改善すればTさんの悩みはグーんと良くなりますよ。


育児疲れ

新潟にお住いの30代女性のAさん、鶴岡の実家に帰省中で、昨日は当院に初めての来院になります。症状は腰痛と頭痛があって、立位分析では目立った歪みはなくて良かったのですが、座位検査での上肢の挙上は両腕ともドスンと重くなっていました。

仰臥位での下肢の挙上では60度の所で止まってしまいます。育児疲れで両腕と両脚に疲れが溜まって腰にきているのが推測できました。調整は頭蓋調整、頸椎1番とストレス(子供の泣き声と抱っこをせがまれるのと、新潟で発症したコロナウイルスに対する不安)を調整しました。

これで、下肢の挙上は60度から90度までスーッと上がるようになって、二人してワクワクの瞬間を味わうことが出来ました。上肢の挙上も軽くなり、最後に歩き方を指導して終了しました。


お腹を調整しました

メンテナンスで来られている60代女性のSさん(自営)から、読んでみたらと『あの世とのおしゃべり』の本を薦められて、この1週間はお借りした本を読んでいました。

昨日は春分の日で休みでしたが、急患で20代男性のIさん(建設業)が来院。前日の木曜の朝、起きた時に左の腰に痛みがあって、その日は軽めの作業に回してもらい、上司からは「土曜日は重要な作業があるので絶対に休めないから、明日は大事をとって休んでくれ」と言われたそうです。立位分析では体幹は右回転して左側に傾いていました。仙腸関節の動きをみると左側はOKで右側は固くなっていました。

Iさん「何をしても痛いです。黙っていても痛いです。特に体を反らすと辛いです」と言います。調整は頭蓋調整、頸椎1番と右側のお腹2か所と鼠径部に問題があったので調整を施しました。これで、立位分析では9割改善して、腰の後屈時の痛みも7割消失してくれました。Iさん、「これだったら、明日の仕事ができます」と、嬉しそうに話してくれました。Iさんの腰痛の原因は甘い飲み物の取り過ぎに反応していました。


元気になりました

2月末に東京に行ってたので、念のために、毎日体温を計っています。今週はメンテナンスで来られている40代女性のWさんから、手作りのマスクを2枚頂きました。Wさん、ありがとうございました。

昨日は、60代女性のHさんが6回目の来院。不眠と幻聴で来られている方ですが、今では、朝の5時には起きて家事等をこなせるようになって、心療内科の通院も卒業されたそうです。Hさんには【お客様の声】を頂きました。Hさん、ありがとうございました。


もう春ですね

酒田シニアソフトボールクラブの帽子です。

ユニフォームの背番号は4番を頂きました。3月20日(春分の日)は、練習後にビニールハウスの中を片づけて、29日(日)からグランドでの実戦練習に入ります。この冬の練習で、理想の投球フォームに近づいてきているので、今年は最高のピッチングをお見せできると思います。


めまい、頭痛、吐き気の3点セット

午前中、フキノトウを採ってきました。

50代女性のWさん(介護職)、先週が初めての来院で今週が2回目になります。6年前からめまいが出るようになって、めまいが酷いと→頭痛→吐き気をもよおして、これにプラスして動悸が起きると、(これが、いつも夜に起こるので旦那さんの運転で)年に4、5回は病院の夜間診療にお世話になっていると言います。今年に入ってからは症状が一段と酷くなって救急車で運ばれたそうです。これではまずいという事で当院に来られました。

初回の問診中に、Wさんの身体を見ていて頚に問題があるのがわかったので、頸の事を聞きますと、Wさん「仰向けでは寝れません」と言います。立位分析では、体幹は左回転して頭部は大きく左方向に傾いて、左肩は↓、右肩は↑の状態でした。調整は頭蓋調整、頸椎1番、トラウマ(21歳の頃)に反応したので調整を施して終了しました。

2回目の来院で、Wさん「3日前から普通に寝れるようになりました。今までは症状が出てきたらどうしようという恐怖心でなかなか寝付けなかったんです。最初の治療で、いい時の状態に戻っています」と言います。立位分析では8割OKの状態で、調整は頭蓋調整、頸椎1番、経絡の腎経に反応したので調整を施しました。次回は2週間後の予定です。


鶴岡市ソフトボール協会の理事に選任されました

昨年の夏に、他チームの試合を車の中で見てたら、理事長のMさんが近づいてきて「伊藤さんに理事をやってもらいたいのよ。来年、お願いできないかな?」と言われて、「えっ?、自分に理事が務まるの?」と思いましたが、引き受けることにしました。

2月に正式に理事会で承認を受けて、今週は2日間、役員会に出席しました。今年は酒田シニアソフトボールクラブに入会して全国大会を目指しているので、選手と役員で一気に忙しくなってきました。


身体が教えてくれる

妻が買ってきてくれた葉ボタンです。

2月初旬に40代女性のMさん(教員)が頸部痛で来院。元旦の日から急に頸の後屈が出来なくなり、うがいや目薬をさす事が辛いのと、枕をすると逆に痛くて、枕をしないで寝ていますと訴えます。病院の検査では頸椎の4番と5番の間が詰まっていると言われたそうです。

調整は頸椎1番と頭蓋調整と胃に反応があったので調整を施しました。これで普通に天井を見上げる事が出来るようになり、毎日食べているチョコレートを控えるのと、座り方と歩き方を指導して終了しました。

今週が2回目の来院で、Mさん「姿勢を真っすぐにして気をつけていたら、座っている時に右足首が捻じれていて、しっかりと床についていないのがわかりました。不思議だったのは右足をしっかりとつくようにしたら、頸の方もぐーんと良くなりました。チョコレートはあれから食べていません」と話してくれました。調整はストレスに反応したので調整を施して、両腕のストレッチを指導して終了しました。

今回は、Mさんが足首の歪みに気づいてくれたお陰で施術の方は2回で終了しました。

 


金峯山です

当院の近くを流れている青龍寺川の橋の上から撮りました。川の向こうに映っているのが金峯山です。

先週、当院のブログを見たという方から「2012年の8月31日付のブログですが、金峰山となっているのを金峯山に変えてもらえますか」という電話が入りました。早速、訂正を試みたのですがPC操作が苦手で上手くいきませんでした。今月末にツルカンシステム株式会社の渡部さんが来られるので、その時までもう少し待ってて下さいね。

 

 


幻聴と不眠

今週、60代女性のHさん(無職)が初めての来院。昨年の12月から不眠になり、お医者さんから3種類の薬を処方されているものの効き目がないとの事で来院されました。

Hさん、ちょっと話をしてもいいですかと言われて、昨年からの家庭内の出来事を延々と話されて、かなりのストレスを抱えているのが分かりました。そして、今は一人暮らしのHさん「毎日、夜中の1時~1時半になると頭の上の方で物音がするんです。これが怖くてこの時間になると目が覚めてしまうんです。業者さんに頼んで屋根裏を調べてもらったんですが、動物が入ってきた形跡もないという事なんです」と言います。

立位分析では体幹と頭は右側に大きく傾いて、猫背も気になりましたので普段の座り方を聞きますと、朝から晩までコタツに脚を伸ばして座っていると言います。Hさんには、座るのをやめて大の字になってずーっと寝てて下さいと言いました。(猫背の矯正も考えて)調整は頭蓋調整と頸椎1番と右股関節を調整して終了しました。

立位分析では3割改善して、歩行時の姿勢をチェック中に、Hさん「何か、違います」と言います。そして、Hさん「今日から教えてもらった事をちゃんとやってきます」と力強く言ってくれました。不安でいっぱいの体と気持ちが少しだけ元気になったのが解ったみたいです。次回が楽しみです。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。