院長のブログ

メンタルを強くするにはどうすればいいですか?

1週間前、第2の秘密の練習場を見つけました。高速道路の真下で、広い空間で壁投げするのに最高の環境です。雪の日も、雨の日も、風の強い日でも、ここでは365日練習出来ます。

今朝のTVを見てたら少年野球の弱小チームを強くする企画の番組があって、横浜ベイスターズの山崎康晃投手が参戦して投手陣にワンポイントアドバイスしていました。エースの子から「どうしたらメンタルが強くなりますか?」という質問に、山崎投手は「自分も投げる時は緊張します。横浜の球場には平均で28000人の観衆がいて、その中でなぜ投げる事ができるのかというと練習しているからなんです。練習がメンタルを強くするんです」と答えながら、練習で鍛えた指先を見せていました。

明日は酒田シニアソフトボールクラブの練習会があって、午前と午後のダブルで投げてきます。

 


ホームケアセラピーの勉強会を開催します

昨日は、酒田シニアソフトボールクラブの練習会に参加して、汗をいっぱいかいたので八幡町のゆりんこ温泉に寄って、汗を流してから食堂でカツカレーを食べてきました。

2月からホームケアセラピーの体験セミナーを始める事にしました。詳しい内容は今週中にHPに載せますので、よろしくお願いします。もし興味があったらご参加下さい。

 


ポツリと「人に会いたくないんです」

酒田シニアソフトボールクラブから新年会の案内状が届きました。2月15日(土)は酒田で一杯飲んできます。

先週末、酒田から60代女性のWさん(主婦)が初めての来院。1年半前から右臀部から大腿部にかけて強い痛みがあって、腰部脊柱管狭窄症の診断で投薬とリハビリを受けていましたが、リハビリを受けると逆に痛みが強くなるという事で、昨年末にWさんの希望で中止にしたそうです。

立位分析では左脚荷重で側弯が酷くて(急性のぎっくり腰と同じような恰好です)右側頭部がかろうじて中心軸にひっかかっている有様でした。歩き方は立位の時よりも体幹が崩れて危ない状態でしたが、Wさん「今日は、これでも痛みが軽くていい方なんですよ」と言います。そして、ポツリと「人に会いたくないんです」と言います。これを聞いた時に、心の底からWさんを何とかしてあげたいという気持ち湧き出てきました。(治療家になって30年が過ぎましたが、こんなに気持ちが高ぶったのは初めての経験です)

側弯の疑いがあったのでチェックすると問題はなくて、調整は左の頸椎1番、頭蓋調整、経絡の胆経に反応したので調整を施して終了しました。これで、仰臥位での右脚挙上時の強い痛みは半減し、立位分析では右脚にもしっかりと体重が乗るようになり、体幹の側弯は消失。頭が中心軸に寄り8割改善してくれました。

歩き方を指導して、これで歩行時の痛みは消失。自分「なんだか、走れそうですね」。Wさん「私も走れそうな気がしてます」と言って走り出しました。(治療室の中を5~7往復)これからWさんの身体が楽になって気持ちも楽になってくれれば嬉しいです。


走れました

昼休みは、朝日の産直グーでラーメンを食べてきました。景色を眺めながら食事をするのが好きで、月に2~3回は来ています。

正月明けに90代男性のAさんが初めての来院。両脚のふくらはぎが重苦しくて歩きにくいという事で、一昨日が4回目になります。原因はどこかなーと色々調べてみると右膝の運動制限があって、家での座り方を聞きますと、Aさん「畳の生活で左脚はあぐらの恰好で右脚は伸ばして座っています」と言います。これだと骨盤、体幹の歪みを作ってしまい、それが両ふくらはぎの重苦しさになっているのが推測できましたので、先ずは、右膝に狙いを定めて調整を施しました。

アドバイスの方は、1つ目、365日温泉に入っているのを1日置きにしてもらい、右膝の冷却をお願いしました。(右膝に熱感がありました)2つ目、歩き方がガニ股になっていたので正しい歩き方を指導しました。3つ目、いつもの座り方を減らして、椅子を使うのと横になる時間を作るように指導しました。これで、右膝の動きが5割改善し、3回目の来院時にAさん「腰が伸びてきて歩くのが楽になりました」と言ってくれました。

そして、一昨日が4回目で、Aさん「左の脚は9割良くなって右の脚は3割良くなっています」と言ってくれました。調整後、自分「Aさん、体の歪みと右膝の動きが改善して歩くのも楽になっているので、今ここで走れると思いますよ。走ってみますか?」と言いましたら、Aさん走ってくれました。(治療室の中を5往復)走り終えたAさん「走れるとは思ってもいませんでした」と目を丸くして驚いていました。

 

 


うまくいかないから面白い

今年は元旦から小真木原運動公園でトレーニングしています。例年だと3月に入ってからやっていたんですが、今は酒田シニアソフトボールクラブに入って全国大会を目指しているので気合が違います。トレーニングの途中、トイレの大きな鏡の前で投球フォームを毎日チェックして研究しています。

自分だけの理想の投球フォームを目指してはいるんですが、これがなかなか難しくてうまくいきません。でも、うまくいかないのが面白くてピッチング練習だけは楽しくてしょうがありません。仕事や勉強になると、うまくいかなくなると途中で諦めてしまう事が多いんですが、仕事も勉強もピッチングのような心境になってくれれば最高ですね。

 


不眠

昨日は、50分かけて久しぶりに北月山荘に行ってみたら、冬期間休業(12月~3月末まで)の張り紙が貼ってありました。

先週、60代女性のKさん(お客様の声に令和元年11月15日付けで投稿してくれた方です)が9回目の来院。主訴はめまいで、他に便秘、逆流性食道炎、不眠があって、めまいは3回目で治癒。逆流性食道炎は5回目で治癒。その後、便秘も解消してくれたんですが、不眠に関しては薬を飲まないと眠れないという事で、8回目の来院時に薬断ちを提案しました。

自分「Kさんの身体は凄く良くなっているので、薬を飲まなくても眠れると思いますよ。試しに3日間だけ薬を飲まないでチャレンジしてみたらどうですか?。それで駄目だったらまた薬を飲めばいいんだし」と話しをしました。

そして、先週来られたKさんから「眠れなくなってから色んな症状が出てきたので怖かったんですが、挑戦してみましたよ。初日は少し眠れました。2日目は初日よりも眠れるようになりました。3日目になったら9時頃には眠くなって寝ていました。あれから、9時になると眠くなってきて、薬なしで寝ています。正月に兄弟たちから元気になったねと言われました」と話してくれました。良かったです。


冬の間は和室で施術します

午前中、施術用のベットを6畳の和室の部屋に移動しました。4月末までこの部屋で治療します。以前は一人で引っ越し作業をやっていたんですが、荷物が増えてきて段々と大変になってきたので、知人のお孫さんにお願いして二人で引っ越し作業を行っています。(年に2回)昨日のピッチング練習と引っ越しで体はクタクタですが施術の方はやる気満々ですよ。


強い気持ちで投げる

今朝の7時の番組にソフトボールの上野由紀子投手が出ていました。投手をやっている女の子から「ストライクが入らなくなった時はどうすればいいですか?」という質問があって、上野投手「強い気持ちで思いっきり投げてみて下さい。その方がストライクが入りますよ」とアドバイスを送っていました。

一昨日は、若手投手陣の練習会に参加してきました。酒田の匠クラブのエースピッチャーのTさんと組んで投げ合ってきました。Tさんから「小手先でストライクを入れようとしたら駄目ですよ。体全体を使って投げて下さい。右腕を速く振ればもっともっとスピードが出ますよ」とアドバイスを頂きました。

コントロールが乱れてストライクを入れたい時は、どうしてもスピードよりもコントロール重視の考えになってしまい、腕の振りのスピードが落ちて小手先の投球になっているのを一発で見抜かれてしまいました。(投げ合ったのも、話をしたのも初めてです)明日のシニアの練習では強い気持ちと全力投球で捕手のミットめがけて投げてきます。


ビニールハウスの中で練習してきました

昨日は、酒田ソフトボールクラブチームの練習に参加してきました。土曜日が若手チームの練習日で、自分が所属しているシニアチームは日曜日になります。シニアの監督さんが所有のビニールハウス(打者用と投手用の2棟)で、4月末まで使用します。

いつも一人練習(壁投げ)でしたので、捕手のミットをめがけて投げるのに慣れていなくて緊張しましたが、この冬はシュート、ドロップ、スライダーに磨きをかけて来年の試合で通用できればなと思っています。

練習後、シニアの監督さんの腰を調整してきました。3年前から歩く時に左脚を引きずってしまうようになったという事で、ビニールハウスに置いてあるベンチに横になってもらい、腰の4番、5番、仙骨の1番を調整して、これで左脚がスムーズに上がるようになって3割~5割は改善してくれたと思います。正月に練習会があるので、監督さんの都合がよければ左股関節と左足首と左足部を調整してきます。

 


5年ぶりに風邪を引きました

9月に、八森山から拾ってきたクルミです。外に置きっぱなしにしていたら、丁度いいあんばいに皮がむけてました。正月にご馳走になります。

12月5日(木)、大阪での自律神経整体のセミナーに参加し、7日(土)は佐藤和市DCのご自宅に一泊して、10か月ぶりのお酒をご馳走になり(断酒してました)、翌日は勉強会と飼い猫の治療を見学して、午後の新幹線で帰路に着いたのですが、新潟からの特急いなほ号に乗り換えてから急に鼻水が出るようになって風邪を引いてしまいました(5年ぶりの風邪で治るのに2週間かかりました)。

大阪、東京と続いてちょっとだけ不安はあったんですが、無理のきかない年齢になっているのを痛感させられました。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。