院長のブログ

身体が教えてくれる

Pocket

妻が買ってきてくれた葉ボタンです。

2月初旬に40代女性のMさん(教員)が頸部痛で来院。元旦の日から急に頸の後屈が出来なくなり、うがいや目薬をさす事が辛いのと、枕をすると逆に痛くて、枕をしないで寝ていますと訴えます。病院の検査では頸椎の4番と5番の間が詰まっていると言われたそうです。

調整は頸椎1番と頭蓋調整と胃に反応があったので調整を施しました。これで普通に天井を見上げる事が出来るようになり、毎日食べているチョコレートを控えるのと、座り方と歩き方を指導して終了しました。

今週が2回目の来院で、Mさん「姿勢を真っすぐにして気をつけていたら、座っている時に右足首が捻じれていて、しっかりと床についていないのがわかりました。不思議だったのは右足をしっかりとつくようにしたら、頸の方もぐーんと良くなりました。チョコレートはあれから食べていません」と話してくれました。調整はストレスに反応したので調整を施して、両腕のストレッチを指導して終了しました。

今回は、Mさんが足首の歪みに気づいてくれたお陰で施術の方は2回で終了しました。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。