院長のブログ

肩が熱い

Pocket

GEDC0465

先週末の土曜に70代男性のWさんが看板を見て飛び込みでの来院。Wさん「1週間前から左右の肩こりと首痛があって、だんだんと酷くなってきて今日が一番酷くてこんなに辛いのは初めてです。筋整復院の看板が気になって来てみました」と言います。立位分析では右足荷重で全体的に右側に傾いた状態で首の所で逆くの字の姿勢を作って頭は左の方に傾いていました。座位にて両肩部に触れてみると今までに感じたことのないような異様な熱気を帯びていましたので、すぐに氷のうで冷やすとWさん「気持ちがよくて楽です」と言ってくれました。首、肩には触れずに上肢の調整を施し、うつ伏せでチェックすると右背部(肝臓)と右ふくらはぎにも熱感があって、右背部を冷却しながらの硬膜調整で右ふくらはぎの熱感は消失。施術後に氷のうでの冷却を指導し、Wさん「右の腰と右ふくらはぎにも痛みはありました。肩の方は1~2割楽になりました」と言います。肩部の熱感は半分以下になっていたので、もっと楽になっているなと想像できました。

一昨日の日曜は、いつものメンバーの3人でじゃが芋を収穫してきました。(約100キロ)収穫したじゃが芋の中から偉い方が座っているかのように見えてしまう形のものが出てきたので、お皿に乗せて治療室に飾りました。患者さんの反応が楽しみです。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。