院長のブログ

師匠からの電話

Pocket

4か月ぶりの投稿になります。

昨年の11月からラージボール卓球をやり始めて、ピンポン台も購入して患者さんと遊んでいます。

1月末に長野県の松村先生と、東京の佐藤DC(アメリカ合衆国公認カイロプラクティックドクター)のご自宅を訪問。佐藤DCとは2年ぶり、松村先生とは4年ぶりの再会で、美味しい日本酒をご馳走になりながら近況報告してきました。

そして、東京から帰ってきた翌日に佐藤DCから電話がかかってきて、佐藤DC「伊藤ー、疲れたので午前中の仕事をやめたというのは、酒による神経中毒なんだよ」と言います。自分「今は週末の2日は飲んでいますけれども、5日間は飲んでいません」と言いますと、佐藤DC「週に5日休んでも体調は良くならないよ。3ヵ月、4か月単位で飲まない事だよ。今のままだと患者さんが減ってしまうよ。一つ、飛行機の話をしてあげるよ。墜落している飛行機には、いつもの3分の1くらいのお客さんしか乗っていないそうだよ」と言います。自分「はい、わかりました。酒をやめます」。最後に佐藤DC「頼んだぞ」と。

この時、お酒を飲めなくなるというショックは大きかったのですが、不思議な事に、これでお酒をやめる事ができるんだという気持ちが出てきて、スッパリとやめる決心がつきました。あれから、一滴も飲んでいませんし、夏休み、正月も飲みません。師匠に感謝します。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。