院長のブログ

眼球が飛び出ている感覚

Pocket

GEDC0746

昨日は今年最後のソフトボールの試合でしたがメンバーが集まらず中止になってしまいました。残念です。畑のメンバーのIさんが庄内のカラオケ大会に出場するということで、会場の鶴岡市櫛引公民館に行って応援してきました。

先週末の金曜に60代女性のTさんが紹介で来院。主訴は頭痛、目が痛い、不眠等の症状があって、一番気になるのは何ですかと聞きますと、Tさん「目が飛び出している感じがあって、開業医、病院で検査してもらっても異常がなくて、眼鏡を何回か交換しましたがしっくりいかなくて、眼鏡をかけるとガーンときて、眼鏡をはずすとジーンときて辛いんです」と言います。立位分析と歩行では特に問題はなくて、座位検査で右腕に触れた時に手首~肘~肩部に熱感があって右腕を酷使しているのがわかりました。細かく見ていくと頭蓋骨の右側頭部がゆるんでいる反応が出て、触れてみると強烈な熱感と瘤のように膨らんでいるのを確認できました。推測になりますが、頭蓋骨が横の膨らんだ分、顔面骨と後頭骨の前後軸の部分で少し縮んでしまい、眼球が横方向と後方向から引っ張られて僅かに圧迫されている感覚を受けているんじゃないのかなと考えました。右側頭部の熱感の原因はまだわかりませんが、4、5年前に体調を崩して、薬を大量に飲むようになってから症状が悪化してきたと言ってましたので、薬の影響が大きいのかなと考えています。その日は頭蓋骨には触れないで右腕と右側頭部の冷却を指導して終了しました。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。