院長のブログ

全力投球を封印

Pocket

昨日は第4学区のおはようソフトの最終戦で稲生Aチームとの対戦でした。結果は8対4で負けました。5試合を投げ抜いて1勝4敗で6チーム中、最下位という結果になりました。試合が終わってから1時間ほど投球の内容を総括してみました。昨日の試合もこれまでの4試合も最初の投げ始めはストライクも入りいいスタートを切るのですが、打たれたり、四球を出したり、失策が出たりしてランナーが溜まってくると、気持ち的にソワソワしてきて動揺が出始めて、これではまずい、抑えないといけないなという気持ちが強くなり、心と体に緊張感を持ちながら力いっぱい投げるようになって、これがコントロールを乱す事になり、ストライクが入らないと今度はフォームを微調整して投げて、もっともっとストライクが入らなくなるという悪循環に陥ってしまった様に思います。

そんな事を考えながら、ふと思った事はこれからは100%の全力投球を止めて、逆に3割くらいの力でゆっくりと投げてみるのもいいんじゃないのーと、ゆっくり投げればストライクの確率も上がってきますし、気持ち的にも安心して落ち着いて投げることが出来るのかなーと思いました。これからは全力投球を封印して、ゆっくり投法、のんびり投法でチャレンジしてみようかなと思っています。


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。