院長のブログ

何でかな?

Pocket

GEDC0861

今朝、ソフトボールの壁投げをしようと秘密の場所のトンネルに行ってみたら、入り口の所に動物の足跡がありました。(猪かな?)

一昨日の金曜日に40代男性のOさんが頚のヘルニアの症状で6回目の来院。この1週間の様子を聞きますと、Oさん「左腕の強い痛みと痺れ感は完全になくなって、仰向けも普通に寝れるようになりました。頚のまわりに少し張りがあるだけで調子がいいんです。でも今週は偏頭痛があって市販薬を飲みました。それから身体が歪んでいるような気がして歩いても身体が揺れているのが気になっています」と言います。立位分析と歩き方を見ますと、Oさんの言った通り、真っすぐになっていた身体が歪んでいました。何でかなと思いながら座位、仰向けで検査をして、うつ伏せになった時に骨盤の左右の高さが狂っていて、いつもよりもお腹が凸して骨盤がごろんと左回転しているのが判りました。お腹が凸しているのを指摘しますと、Oさん「この1週間は毎日、夕食が済んでからも寝るまでお酒を飲んでいました」と言います。身体の歪みと偏頭痛の原因は内臓の疲労からきたのが一番なのかなと考えています。

 


鶴岡いとう筋整復院のいとうです。

接骨院から整体院に切り替えて17年目、現在では頭痛、偏頭痛、むちうち、アレルギー疾患、精神的ストレス疾患、内臓機能低下にも対処しております。

時々ブログを書いています。こちらからご覧ください。